[PR]

 【シュツットガルト(ドイツ)共同】体操の世界選手権第6日は9日、ドイツのシュツットガルトで男子団体総合決勝が行われ、谷川翔(順大)谷川航、萱和磨(ともにセントラルスポーツ)神本雄也(コナミスポーツ)橋本大輝(千葉・市船橋高)の日本は合計258・159点で2大会連続の銅メダルとなり、2015年大会以来の世界一はならなかった。

 昨年2位で予選1位通過したロシアが合計261・726点で旧ソ連時代の1991年大会以来28年ぶりに王座を奪回し、2連覇を狙った中国が0・997点差で2位となった。(共同)

こんなニュースも