[PR]

 【ロンドン共同】国際的な監査法人デロイトは14日、世界のサッカークラブの2018~19年シーズン収入ランキングを発表し、スペイン1部リーグを制したバルセロナが8億4080万ユーロ(約1026億円)で1996~97年の統計開始以来、初めて1位となった。

 前年トップのレアル・マドリードが7億5730万ユーロで2位に後退した。イングランド・プレミアリーグからは3位にマンチェスター・ユナイテッド、6~9位にマンチェスター・シティー、リバプール、トットナム、チェルシーが続いた。

 4位バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)、5位パリ・サンジェルマン(フランス)だった。(共同)

こんなニュースも