[PR]

 世界ボクシング協会(WBA)は25日、世界4階級制覇を達成した往年の名王者、ロベルト・デュラン氏(パナマ)が新型コロナウイルス検査で陽性だったと発表した。親族によると症状は軽いという。

 69歳のデュラン氏は現役時代に「石の拳」の異名を取った中量級のハードパンチャーで、ガッツ石松氏らとも対戦した。(共同)

こんなニュースも