[PR]

 【モスクワ共同】ロシアのフィギュアスケートの名コーチとして知られるエテリ・トゥトベリゼ氏は31日、昨年12月のグランプリファイナルや今年1月の欧州選手権を制したアリョーナ・コストルナヤ(16)が自身の元を去り、ロシアのエフゲニー・プルシェンコ氏の指導を受けることになったと自身のインスタグラムで発表した。

 トゥトベリゼ氏は平昌冬季五輪女王のアリーナ・ザギトワ(18)らを育てた。今年5月には女子でフリー世界最高得点を保持するアレクサンドラ・トルソワ(16)もトゥトベリゼ氏の元を離れ、06年トリノ五輪王者のプルシェンコ氏に師事することになったと発表していた。(共同)

こんなニュースも