[PR]

 【パリ共同】女子テニスの大坂なおみ(日清食品)が、試合後の記者会見を拒否した選手が罰金処分となる規則に「アスリートの心の健康状態が無視されている」と異議を唱えた問題で、男子で世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)は1日、「彼女に共感する。とても勇気がある行動だった」などと支持した。

 ジョコビッチは全仏オープン1回戦後の記者会見で「会見は仕事の一部」と強調しつつ「私も何度もメディアに不利な立場に立たされたので、気持ちはよく分かる」と笑顔で指摘した。

 大坂の「うつ」の告白には「時間をかけて考え、充電する必要があるならば尊重する」と気遣った。(共同)

こんなニュースも