[PR]

 乳幼児の時にはしかに感染して治った後、10年前後たって突然、脳炎を引き起こす病気があります。脳に潜んでいたはしかのウイルスが原因となる「亜急性硬化性全脳炎」(SSPE)です。運動障害や意識障害が進み、歩くことや話すことができなくなります。東京都練馬区の岸本洸亮(こう・すけ)さん(19)は、野球やサッカーに打ち込んでいた小学5年の時に発症しました。根治できる治療法がない中、両親は、よりよい病院や治療を求めてきました。

 …

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら