[PR]

 子どもがしょっちゅう、熱を出すのは、なぜでしょう。「40度になってしまった!」とその高さに驚いて熱が出た途端に外来に連れてきたり、「まだ下がらない、こんなに熱って下がらないものでしょうか?」と毎日のように診療所や病院を替えて通ったりする親御さんがいます。

 体温が上がる状態を指す言葉として、医学的には二つの言葉があります。一つは、みなさんもよく聞いたことがある「発熱」。私たちの脳にある体温調節中枢が、必要性を察知して体温を上昇させて起こるものです。もう一つは、「うつ熱」というもので、熱中症のときのように体温の放散がうまくできない場合の、脳が関与しない体温上昇です。

 子どもが病気をして熱が出るのは、発熱です。ウイルスや細菌、真菌など人にとって有害なものが体に入ってくると、私たちの免疫細胞(単球、マクロファージ、血管内皮細胞など)が反応して伝達物質を出します。その伝達物質が体温調節中枢に伝わり、寒気がして筋肉が震え体内での熱産生量が増えます。同時に、熱を奪っていく汗を減らし、手足の末梢(まっしょう)の皮膚の血管を収縮させて熱の放散を減らします。

 体の中心部分は熱いのに、手足の色が悪くなったり冷たくなったりするのはそのためです。「体が熱いのに汗を全然かかない」と心配する人がいますが、汗をかくと体温が下がってしまうので体温調節中枢がまだ熱を高くする必要があると感じている間は汗は少なくなっているのです。

 では、どうして体温調節中枢は体温を上げるのでしょう?それは私たちの免疫機能が高い体温でよりよく働くからです。有害侵入者として多いウイルスは高温環境で増殖しにくいので、体温が高い状態は私たちにとっては有利、侵入者にとっては不利になるのです。実際に、麻疹にかかった子どもに対して解熱剤を投与すると、体内の麻疹ウイルスが減っていくのが遅れるということが知られています。熱を下げると病気が治りにくくなるんですね。

 「熱が高くなりすぎると、頭がおかしくなるのではないか」と心配をする人がいるかもしれませんが、風邪で体温が上がりすぎて、頭や体がおかしくなってしまうことはありません(体温調節中枢が熱を上げているのではない熱中症の時は別です。また、脳腫瘍(しゅよう)などの体温調節中枢が正常に働いていない時も別の話です)。

 人体にとって有害とされる温度は41.1-43.3度と言われていますが、私たちの体は41度を上限として、上がりすぎることを防止するメカニズムがあります。だから、「高熱により脳に影響が出た」という話を聞いたことがあるかもしれませんが、それは熱が悪さをしたのではなく、ウイルスや細菌により髄膜炎や脳炎、脳症といった症状になり、発熱とともに中枢神経に炎症が及んで後遺症を残したと考えられます。そういった髄膜炎・脳炎・脳症は、風邪で高熱になった子どもを病院に連れて行かなかったせいでなったものではなく、違う病気です。

写真・図版

 

 熱が高くなるのには理由があり、無理に下げる必要はないということがわかっていても、子どもにとっては楽な状態ではありません。私たちは熱が上がると代謝がよりはたらくようになり消耗します。頭痛がしたり、関節や筋肉が痛くなったりすることもありますから、お子さんがつらそうな時には解熱剤を使ってあげてください。

 小さい子どもの熱の原因は上気道炎、つまり風邪がほとんどです。医療機関に行くと、つらい症状を緩和する薬は出してもらうことができますが、風邪そのものを治すことはできません。鼻水や咳(せき)も薬でピタッと止まることはありませんが、医療機関で吸引してもらったり吸入したりという処置はできます。

 家でする「看病」とは何をすること?と聞かれたことがありますが、子どもが何か希望した時にすぐ対応できるようにするのが看病です。「お水がほしい」、「気持ちが悪い」というようなことを言った時は応じて、安静を保てるようにそっと寝かせてあげます。熱が上がりきったら薄着にして掛け物も減らし、熱がこもらないようにします。食べさせるものは、お腹を壊していなければ何でも構いません。お粥(かゆ)にしなくても、食べ慣れたものがいいかもしれません。食べたがらない、飲みたがらない子でも、冷たいものなら少し飲んでくれるかもしれません。

 かかりつけ医院を持っていると安心ですね。乳児健診や予防接種の際に近くのかかりやすい診療所やクリニックを探しておきましょう。仕事をしている保護者の方は、病児や病後児の保育室やシッターさんを登録だけでもしておくと、急場の際に慌てません。平時に情報を集めておきましょう。近くにおじいちゃん、おばあちゃんがいる人はとてもラッキーです。日頃からよくコミュニケーションをとっておき、力を貸してもらいましょう。

 繰り返し熱を出すお子さんも、大きくなるとその頻度が減ります。小児科外来は学校に上がる年齢になると患者さんが減るのです。今は大変な親御さんも、子どもは必ず成長しますから頑張って乗り切りましょう。

 

<アピタル:小児科医ママの大丈夫!子育て>

http://www.asahi.com/apital/column/daijobu/(アピタル・森戸やすみ)

アピタル・森戸やすみ

アピタル・森戸やすみ(もりと・やすみ) 小児科医

小児科専門医。1971年東京生まれ。1996年私立大学医学部卒。NICU勤務などを経て、現在はさくらが丘小児科クリニックに勤務。2人の女の子の母。著書に『小児科医ママの「育児の不安」解決BOOK』(内外出版)、共著に『赤ちゃんのしぐさ』(洋泉社)などがある。医療と育児をつなぐ活動をしている。