[PR]

 今回から、なぜか生きるのがつらい女性、リョウさん(30代前半・独身一人暮らし)のお話をしていきます。

 リョウさんは、最近ちっともうまくいきません。もうこれで何度仕事を変わったかわかりません。どの仕事も最初はうまくいっている気がするのですが、がんばりが報われず、気づけばよく注意されているのです。

 転職するたび、「今度こそうまくやろう」と思うのですが、上司といまいち合わなかったり、取引先からささいなことで言いがかりをつけられたりと、いつも災難続きなのです。同僚たちからもなんとなく距離を置かれ、職場に居づらい雰囲気になってしまいます。

 出勤しようとすると、体が震えて心臓がドキドキしたり、やたら朝早くに目が覚めてそれから眠れなくなったりします。そんな日々が続くと決まって熱が出て寝込んでしまいます。

 いったん仕事を休むと、ほっとした気持ちになるのですが、やがて「また休んでしまった。今回の職場でも私はうまくやっていけないんだ。もう30代だし、この先はそう簡単に転職だってしにくくなる。私はどうして人並みに働けないんだろう。どこにいっても、厄介者で、役立たずなんだ」と、情けない気持ちで押しつぶされそうになります。

 

 プライベートでは、これまできちんとつきあった異性はいないリョウさんです。というのも、いつもリョウさんは、「二番目の女」なのです。好きになる人にはいつも彼女がいて、それを承知で会っている状況です。

 リョウさんは、恋愛は受け身で、自分から告白をしたことは一度もありません。決して派手でもなく、いわゆるモテるタイプでもありません。遊びで軽いノリで男性とつきあえるような器用なタイプでもなく、むしろ本人としては真面目につきあいたいと思っています。いつも相手から押されてつきあう形です。つきあうといってもいつも二番目で、別れもだいたい相手から一方的にふられてしまうのですが。

 現在は、どこに住んでいるのかも分からない(というのも、一度も彼の家にあげてもらったことがないのです)彼女のいる男性が、週に3日は泊まりに来るような状況です。

 リョウさんの恋愛事情を知る数少ない女友達は、昔から警告してきましたが、今はほとんど皆結婚しました。それぞれ家庭で忙しいのでしょうか、それとも境遇の異なるリョウさんと話題が合わなくなってしまったからでしょうか、再三にわたる忠告を無視して来たリョウさんに愛想を尽かしてしまったからでしょうか、最近は女友達ともあまり連絡をとっていません。

 

 こんなとき、リョウさんは絶望的な気持ちになります。

 「私はなにをやってもダメだ。仕事だって、もうどこでもうまくやれないし、結婚だってもう焦っているのに一番目の彼女にすらなれていない。友達にも愛想を尽かされたんだ」。

 みじめでやりきれない日には、お酒をたくさん飲みます。あまり強くありませんが、酔いつぶれて何もかも忘れてしまいたいと思って、後先を考えずに飲み過ぎることもよくあります。翌朝、ひどい頭痛と全身のむくみ、猛烈な胃のムカムカと共に起きるときに、毎回死にたくなるほどひどい気分を味わいます。「私何やってるんだろう。もうこんな自分嫌い。何をやってもうまくいかない」。

 

写真・図版

 リョウさんには、何をどうしたらいいのか、さっぱりわかりません。解決の糸口がないまま、問題は年々悪化してきています。学生時代までは、いろいろあったなりに、なんとか順調に来たリョウさんです。成績は上位でしたし、家ではよく生活態度を叱られたものの、学校では一応人並みにやれていました。友達だってたくさんいましたし、楽しい思い出もあります。なのに、就職してからは、全くうまくいったためしがないのです。

 

 今回からは、このリョウさんを主人公にしてお話は進みます。皆様の周りにもリョウさんのような女性はいらっしゃいませんか? もしくはリョウさんと似た経験をお持ちの方はいらっしゃいませんか? このお話は架空のケースですが、実はこうしたお悩みは、カウンセリングの現場ではよく寄せられます。

 

 リョウさんが、少しでも「うまくいく」にはどうしたらよいでしょう。認知行動療法の立場から、絡まった糸を解きほぐしていきます。

 

************************

【大人のADHDの集団認知行動療法研究の参加者を募集します】

 大人のADHDの特徴で、日々の生活でお困りの方を対象にした集団認知行動療法(グループカウンセリングの一種)を福岡市と東京都文京区で行います。研究目的のグループです。全8回のプログラムで、週に1回、約2カ月間で時間管理を実践し、身につけます。

(1) 東京都文京区での実施についてはこちらをご覧ください(10月スタート)

https://tokyocare.jp/?p=875別ウインドウで開きます

(2)福岡市での実施についてはこちらをご覧ください。(10月スタート)

https://jp.surveymonkey.com/r/DVHDQT8別ウインドウで開きます

 

<アピタル:上手に悩むとラクになる・生きるのがつらい女性のADHD>

http://www.asahi.com/apital/healthguide/nayamu/(アピタル・中島美鈴)

アピタル・中島美鈴

アピタル・中島美鈴(なかしま・みすず) 臨床心理士

1978年生まれ、福岡在住の臨床心理士。専門は認知行動療法。肥前精神医療センター、東京大学大学院総合文化研究科、福岡大学人文学部、福岡県職員相談室などを経て、現在は九州大学大学院人間環境学府にて成人ADHDの集団認知行動療法の研究に携わる。他に、福岡保護観察所、福岡少年院などで薬物依存や性犯罪者の集団認知行動療法のスーパーヴァイザーを務める。