[PR]

 放送作家の鈴木おさむさん(45)と、「女芸人」としてテレビなどで活躍する大島美幸さん(37)。「交際0日」で結婚した夫婦は2度の流産を乗り越え、長男の笑福くん(2)を授かりました。2人が過ごした「妊活」の日々。鈴木さんは「男性の無力さ」も感じながら、妊娠・出産について学び、妻に寄り添いました。

 

男って、なんて無力なんだ

 家族3人の食卓。いつもの朝が一変したのは自分の責任だ。放送作家の鈴木(すずき)おさむさん(45)には心当たりがあった。前夜、炊飯器のご飯を食べきった後、内釜を水につけておくのを忘れていた。

 「もう、なんだよー」。妻の大島美幸(おおしまみゆき)さん(37)が声を荒らげた。お笑いトリオ「森三中」のボケ担当。「女芸人」として体を張って笑いをとる豪快な芸風で知られるが、家族の前では、きちょうめんな一面もみせる。

 朝から険悪な雰囲気になりかけたその時――。

 「ダメー」。そう言いながら、長男・笑福(えふ)くん(2)が割って入った。抱きつかれて手を取られた妻は、力が抜けたように表情が和らぎ、3人に笑顔が戻った。

 子どもがいることが当たり前になった生活。「幸せだと感じる一方で、怖くもある」。鈴木さんは、笑福くんを授かるまでに2人が経験したことを時折、思い出す。

     ◇

 2人の出会いは15年前。若手芸人たちと開いた飲み会の席だった。お酒で盛り上がった勢いで、初対面の大島さんに「結婚しよう」とプロポーズ。大島さんも「いいっすよ」と応じた。冗談のような「交際0日結婚」は、大きな話題になった。

 いっしょに暮らし始めた当初はぎこちなかったが、少しずつ夫婦の絆は深まっていった。芸能界で活躍する2人の生活はめまぐるしく、刺激に満ちている。子どものことは特に意識しなかった。「いつかはできるだろう」。何となくそう考えた。

 転機は、結婚6年目のクリスマス。妻に生理が来ないことから妊娠検査薬を試した。すると、陽性反応が出た。翌日に受けた病院の検査でも妊娠を告げられた。

 初めての子ども。戸惑いはあったものの、このまま出産まで順調にいくと思った。すぐにお互いの親や仕事仲間に連絡し、喜びを伝えた。人気者の妻のスケジュールをどう調整するかは悩ましかったが、幸せでいっぱいだった。

 ところが、年が明けて健診を受けた妻から涙声で電話があった。「赤ちゃんの心臓が止まってた……」。急いで病院に駆けつけると、待合室で人目をはばからずに泣く妻の姿があった。

 思ってもみなかった流産。しかし、妻にかけてあげる言葉が見つからない。「こういうときの男って、なんて無力なんだ」。そう実感した。

 数日後、亡くなってしまった赤ちゃんをおなかの中から取り出す手術に立ち会った。妻は少し落ち着いたように見えたが、沈んだ表情は変わらなかった。

 その翌日。義母が自宅にやってきた。淡々とカレーを作ってふるまい、静かに妻に寄り添った。それをきっかけに、妻は明るさを取り戻していく。雑誌に連載しているエッセーに「流産のことを書いてみたい」とも言った。

     ◇

 それから2年後。2010年夏に今度は双子の妊娠がわかった。「もし、まただめだったらどうしよう」。うれしい半面、不安が頭から離れない。今度は親や仲間にも妊娠したことを知らせず、安定期に入るのを待った。

 何度目かの健診。仕事のためについていけず、そわそわしながら妻からの連絡を待った。だが、いつになっても連絡が来ない。待ちきれず病院に電話すると、再び流産を告げられた。

 あわてて病院に行くと、妻は再び泣いていた。「2回も流産するなんて、自分に何か理由があるんじゃないか」。もしかしたら、妻も同じように考えているかもしれない。そう思うとたまらなくなった。

 「今度は(世の中に)言いたくない」。妻は、こう打ち明けた。「しばらく子作りは忘れて仕事をやりきってみたい」とも言った。

 下着姿で逆バンジージャンプを飛ぶ、極寒の湖で寒中水泳に挑む、裸同然の姿でオイルでヌルヌルの床を滑る――。妻は以前にも増して過激なロケに挑み、みんなを笑わせた。そんな姿を見て思った。「芸人として誇らしいし、何より面白い」。妻を尊敬し、いとおしく思う気持ちが深まっていった。

 

 2度目の流産から2年がたった12年秋のある日、何げない会話の中で、妻が切り出した。「妊活休業を考えてるんだけど……」。この間、妻が仕事をいかに頑張ってきたか。それは自分がいちばんよく知っている。だから、素直にこう答えることができた。

 「それ、すごくいいじゃん」

 

選択肢伝えたい、休業公表

 放送作家の鈴木おさむさん(45)は2012年秋、「女芸人」として活躍する妻の大島美幸さん(37)から「妊活休業」を打ち明けられた。2回目の流産から2年、仕事にうち込む妻の姿を見続けてきた鈴木さんは、「すごくいいじゃん」と心から賛成した。

 この2年の間、鈴木さんにも変化があった。11年に放送された高齢出産をテーマにしたドラマの脚本を担当。不妊や生殖医療について取材するなかで、妊娠や出産について学んだ。

 流産は一定の確率で起こること、人工授精や体外受精などの不妊治療があること、そして32歳になっていた妻の年齢を考えると、子どもを授かるためには、ゆっくりしてはいられないこと。競争の激しい芸能界で、「妊活」でしばらくテレビから姿を消すリスクはもちろんある。でも、迷いはなかった。

 妻が休業に入るのは、抱えてい…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら