[PR]

 国立成育医療研究センター(東京都世田谷区)が、補助人工心肺装置などを搭載する高規格ドクターカーを導入するため、ネットで寄付を募っている。1500万円を集め、今年夏ごろに運用を始めたい考えだ。国内有数の小児科病院がネット寄付で資金を獲得しようとするのはなぜなのか。

 一刻を争う重い症状の子どもの搬送先として、東京都は4カ所の病院を指定している。その一つが同センターだ。小児集中治療室(PICU)は全国最大規模の20床。東京都以外の関東各県や、羽田空港経由で沖縄などからも患者が運ばれる。他の病院で治療が難しい子どもの「転院搬送」も多く、2016年度には約500人を運んだという。

 その転院搬送に使われるのがドクターカーだ。搬送元の病院にセンターの医師や看護師が出向き、人工心肺装置などによる治療をしながら移動。PICUでの集中治療につなげる。センターでは12年から1台が稼働しており、16年度には94人の搬送に使われた。

狭い車内、容体急変に対応できず

 だが、現在の車には問題がある。車内が狭くて医師が患者の両側に立てず、容体が急変した際に対応できない。一酸化窒素の供給装置や人工心臓の駆動装置など、車内に置けない機器もあり、伴走車が必要な場合もあるという。同センター救急診療科の植松悟子医長は「現在も安全には万全を期している。だが、車内のスペースが広がれば、さらに安全な態勢で患者を搬送できる」と期待を込める。

 今回、購入を検討している高規格ドクターカーは車内の幅が約20センチ広く、医師が両側に立てる。天井も高く、設置可能な機器が増えるという。

タクシーで転院搬送した時代も

 同センターは10年に、独立行政法人に移行。さらに現在は国立研究開発法人として、自立した経営が求められる存在だ。しかし、13年度から3年連続で赤字を計上している。

 また、センターによると、国からの助成金や補助金は光熱費や消耗品などにあてられるが、施設整備が必要な医療機器の購入には使えない。新たなドクターカーを自前で導入できないのは、こうした事情があるからだ。

 実は、現在稼働中のドクターカーも、以前に勤務していた医師が寄付したもの。それより前は、タクシーに乗って患者を転院搬送していた時代もある。同センター手術・集中治療部の鈴木康之部長は「欧米では、医療施設が寄付で建てられることも珍しくない。『子どもたちを救いたい』という多くの人の思いがドクターカーの導入につながればありがたい。ぜひ実現したい」と話す。

 寄付は、朝日新聞社が運営するクラウドファンディングサイトA―port(https://a-port.asahi.com/projects/ncchd-doctorcar/別ウインドウで開きます)で3月9日まで受け付けている。

<アピタル:ニュース・フォーカス・その他>

http://www.asahi.com/apital/medicalnews/focus/野瀬輝彦