[PR]

 「過不足なく必要十分な医療のみを行うべき」と、口で言うのは簡単ですが、実際にはとても難しいです。「風邪に抗菌薬(抗生物質)は不要」ということはだいぶ知られてきましたが、目の前の患者さんが風邪であるということを、どうやって判断すればいいでしょうか。「風邪診断迅速キット」のような便利な検査はありません。

 典型的な風邪では、鼻水、咳、のどの痛みといった上気道症状のそれぞれが同じぐらいの強さで出ます。熱は出てもあまり高くならず、せいぜい37度台であることが多いです。症状の持続期間は数日から長くて1週間程度です。こうした典型的な症状がそろっていて、全身状態が悪くなく、聴診などの診察で他の疾患を疑う所見がないなら、検査なしで風邪と診断してしまってかまいません。ただし「感染後咳嗽」といって咳だけ数週間続くこともありますが。

 そして、これらの典型例から外れれば、風邪以外の病気の可能性が高くなります。たとえば、鼻水や咳はそれほどでもないのに、のどの痛みだけが強ければ扁桃腺炎や咽頭炎を考えます。同様に鼻水だけならアレルギー性鼻炎や副鼻腔炎、咳だけなら肺炎や咳喘息といった具合です。症状が長く続くのも要注意です。咳が長く続けば肺炎、肺結核、肺がんを疑わなければなりません。また、急性心筋炎や急性喉頭蓋炎といった重篤な疾患が疑われるときは入院や高次医療機関への紹介も考えます。

 風邪は自然に治りますので最低限の対症療法だけをすればいいのですが、典型的な風邪とは違う症状や経過のときは、採血やレントゲンなどの追加の検査を検討します。持病があったり高齢であったりする場合はより積極的に検査をします。この辺りは明確な基準はありません。医療機関や医師によっても変わります。

 このところやっとピークが過ぎてきたインフルエンザも、風邪と似た症状が出ます。インフルエンザ患者との接触歴があり、風邪の症状に加え、急に38度以上の高熱が出て体のふしぶしが痛むのであればかなりの確度で診断できますが、中には症状が軽いインフルエンザもあります。症状だけでインフルエンザと普通の風邪を100%区別することは不可能です。というか、症状が軽いインフルエンザは「インフルエンザウイルスが原因の風邪」とも言えます。

 インフルエンザに対してはタミフルやリレンザなどの抗インフルエンザ薬がありますので検査をする意味はあります。しかし症状が強くなければ無理に検査をして診断をつけなくてもかまいません。インフルエンザは薬を使わなくても自然に治るからです。もともと健康な人がインフルエンザにかかったときの抗インフルエンザ薬の効果は、症状の持続期間を1~2日間縮める程度です。症状が軽い場合は薬から得られる利益は大きくありません。一定の割合で副作用も起こります。

 検査をするかどうかは、ある程度は患者さんの好み(価値観)で決めるしかありません。「インフルエンザかどうかが気になる。検査をして欲しい。インフルエンザだったら薬を飲みたい」と思っている患者さんなら検査をしますし、「鼻に綿棒を突っ込まれるのは痛いから嫌だ。寝ていれば治るのであれば薬は飲まなくてもいい」と思っている患者さんなら検査をしません。

 一律に「咳があればレントゲン」「発熱があればインフルエンザ迅速検査」と機械的に検査をすると楽ですし、病院ももうかりますが、きちんと考えて検査をオーダーするようにしています。

《酒井健司さんの連載が本になりました》

これまでの連載から80回分を収録「医心電信―よりよい医師患者関係のために」(医学と看護社、2138円)。https://goo.gl/WkBx2i別ウインドウで開きます

<アピタル:内科医・酒井健司の医心電信・その他>

http://www.asahi.com/apital/healthguide/sakai/(アピタル・酒井健司)

アピタル・酒井健司

アピタル・酒井健司(さかい・けんじ) 内科医

1971年、福岡県生まれ。1996年九州大学医学部卒。九州大学第一内科入局。福岡市内の一般病院に内科医として勤務。趣味は読書と釣り。医療は奥が深いです。教科書や医学雑誌には、ちょっとした患者さんの疑問や不満などは書いていません。どうか教えてください。みなさんと一緒に考えるのが、このコラムの狙いです。