[PR]

 健康食品を使ったことがある人はどのぐらいいると思いますか? 内閣府消費者委員会の調査によると、日本人の4人に3人(75%)が「利用経験者」と答え、多くの人が使っていることが分かります。ですが、みなさん健康「食品」だから安全なものだと思っていませんか。アンケートの結果からは、健康食品のちょっと危ない使い方も見えてきました。

 

 

◯×クイズ:「 健康食品は食品だから安全である」
(※答えは本文中にあります)

▼健康食品の利用頻度、中高年の女性が高い

▼利用の目的は「体調の維持・病気の予防」「健康の増進」といった機能性(有効性・効き目)が多い

▼健康食品の複数摂取や医薬品との併用には注意を

「健康食品」、毎日の利用も

 

 今回は、以下の調査をデータとして使います。

① 2012年の内閣府消費者委員会の1万人アンケート(※1)

② 2016年の東京都福祉保健局の都民1200人対象の調査(※2)

 では、さっそく健康食品が使われる現状をみてみましょう。

 まず健康食品の利用割合・頻度をみてみると、

 ①の内閣府の調査では、健康食品の利用経験者は75%でした。「ほとんど毎日利用している(26%)」「たまに利用している(32%)」をあわせると約6割になります。

 ②の東京都の調査では、最近1年間の利用状況を聞いています。「たぶん利用」を含めた利用者は66.4%でした。

 多くの人が保健機能食品(特定保健用食品・栄養機能食品・機能性表示食品)を含む健康食品を利用していることがわかります。

健康食品の利用「中高年の女性」が多い

 ①の調査で「ほとんど毎日利用」と回答した割合は、年齢が高くなるほど上がっていきます。60代・70代のグループが最も高く32.2%でした。

 ②の調査では、いわゆる健康食品を「利用したことがある」と回答した割合は、40~59歳が最も高く19.4%でした。

 性別をみてみると、①の調査で「ほとんど毎日利用」と回答した割合は、男性22.6%、女性29.7%と、女性の方が多くなりました。

 ②の調査でも、女性の方が多い結果となりました。

 年齢や性別による健康食品の利用傾向は、「中高年の女性」と親和性が高いことがうかがわれます。

健康食品に求めること「効き目」

 利用者は、どんなことを求めて健康食品を使っているのでしょうか?

 利用目的を尋ねた①の調査では、「体調の維持・病気の予防」(50.3%)が最も多く、「健康の増進」(43.2%)が続きます。(※複数回答可)

 購入時に最も重視することは「効き目・有効性(47.8%)」が最も高く、「安全性(27.6%)」「価格(18.4%)」でした。

 都の調査②の、購入や摂取時に最も重視することは、「効果・目的(20.2%)」が最も高く、次いで「原材料・内容成分(10.6%)」「値段(10.4%)」でした。

 健康食品の利用者の多くは、効き目・有効性(機能性)を最も期待していることがわかります。つまり、きちんと効き目・有効性が立証されていれば、価格は多少高くても構わないということかもしれません。

「健康食品」の不都合な事実

 保健機能食品(トクホ、栄養機能食品、機能性表示食品)も含め健康食品は全て「食品」です。食品と聞けば、「医薬品とは違って安全」「体に優しい」「副作用はない」と思うかもしれません。

 しかし、今回、覚えておいて欲しいことがあります。「健康食品が食品だからといって、安全だということを意味しているわけではない」のです。

 アンケートの結果からも、さまざまな副作用(健康被害)の実態がうかがえます。

 健康食品の満足度を聞いた①の調査では、「やや不満」「不満」と回答した人(41.2%)のうち、その理由の8割は「期待したほどの効果がなかった」でしたが、「体調が悪くなった(悪くなったと感じた)」を挙げた人が2.3%いました。割合としては少数ですが、見過ごせません。

 「健康食品を利用して体調不良を感じたことあるか」と聞いた②の質問では、年齢や性別に大きな差はなく、「ある(3.6%)」「確信が持てないがある(8.2%)」と11.8%の人が答えています。具体的な症状には、「下痢・腹痛(27.5%)」「吐き気・嘔吐(おうと)(19.5%)」「皮膚のかゆみ・発赤・発疹(16.1%)」が挙げられています。

 もし、健康食品に効果があるのであれば、副作用(健康被害)も必ず存在します。これは医薬品と同じです。食品だから効果だけあって副作用はないという都合のよいことはありえません。

食品、アレルギーや取りすぎは問題

 食品の副作用(健康被害)で覚えておいてほしいのは次の二つです。

(1)アレルギーの問題

 牛乳、卵、小麦、そば、エビ・カニなど有名なものは皆さんもご存じかもしれません。ですが、あらゆる食品にはアレルギーの原因となる可能性があります。

(2)量の問題

 体に良いとされている食品であっても、食べ過ぎれば、おなかが痛くなったり吐き気がしたり、下痢をしたりすることがありますよね。「過ぎたるは及ばざるが如(ごと)し」の格言のように、量には注意が必要です。特に錠剤やカプセルになっていると、思いがけず大量摂取につながってしまうリスクがあります。

 ですから、クイズの答えは「×」になります。

 

クイズの答え:健康食品による副作用(健康被害)の可能性はある

 

健康食品と薬の併用…相互作用の可能性も

 さらに、①②の調査から、個人的に非常に問題だと感じた現状がありました。それは、「健康食品と医薬品との併用」と「複数の健康食品の利用」です。

 病院からもらった処方薬と健康食品を併用している人が、①の調査では34.2%もいました。②の調査では、医薬品と併用したことがある人は31.0%(※「覚えていない(わからない)」と回答した人も20.0%いました)。

 複数の健康食品の利用では、①によると「2~4種類同時に利用している人が43.4%」、「5種類以上同時に利用している人が5.5%」、②によると「複数の利用経験がある人」は51.1%にのぼりました(覚えていない<わからない>は11.5%)。

 「食べ合わせが悪い」といった話は聞いたことがありますよね。医薬品でも、2種類以上の薬を同時に使うと、片方の薬の効果を弱めたり、逆に効果を強めすぎて副作用が出たりしてしまうこともあります。これを「相互作用」と言います。

 そして、最近、食品(健康食品)と医薬品との相互作用について多くの研究が進められています。代表的なものとして次のようなものがあります。

 

《食品と医薬品との相互作用》

グレープフルーツ:降圧薬(カルシウム拮抗<きっこう>薬)、高脂血症治療薬、催眠鎮静薬、抗てんかん薬

納豆:ワルファリン

カフェイン:抗うつ薬(SSRI)、抗不安薬、気管支拡張薬、抗菌薬(キノロン系)、解熱鎮痛薬(アスピリン)

牛乳:抗菌薬(ニューキノロン系、テトラサイクリン系、セフェム系)

 

 なお、食品と食品との相互作用は、あまり研究が進んでおらず、よくわかっていないことがたくさんあります。最新の情報について知りたいときは、国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所が運営している<「健康食品」の安全性・有効性情報>(https://hfnet.nibiohn.go.jp/別ウインドウで開きます)のサイト等、公的機関が発信している情報を参考にしてみてください。

 繰り返しになりますが、「万人にとって100%安全な食品(健康食品)はない」という事実を、今回の記事を機会にぜひ覚えておいてください。

【参考】

(※1)①内閣府消費者委員会「消費者の「健康食品」の利用に関する実態調査(アンケート調査)」[平成24(2012)年5月]

調査期間:平成24年2月28日~3月5日

対象者:日本に居住する20~70歳までの10,000人(予備調査は30,000人)

http://www.cao.go.jp/consumer/iinkaikouhyou/2012/houkoku/201205_report.html別ウインドウで開きます

(※2)②東京都福祉保健局「都民を対象とした「健康食品」の摂取に係る調査結果」[平成28(2016)年2月]

調査期間:平成28年1月13~23日

対象者:東京都に居住する18~74歳までの約1,200名(予備調査は約6,000人)

http://www.metro.tokyo.jp/INET/CHOUSA/2016/03/60q3t100.htm別ウインドウで開きます

<そのほか②の参考データ>

・最近1年間の利用は、種類別では、特定保健用食品(トクホ)が56.1%、栄養機能食品が50.0%、機能性表示食品が44.4%、いわゆる健康食品が48.1%。

・健康食品を「利用したことがある」と回答した割合は、男性14.4%、女性18.3%

・利用目的を尋ねると、「栄養バランス」(41.1%)が最も多く、次いで「健康増進(39.9%)」、「疲労回復(20.1%)」(※複数回答可)。

・「利用する一番の目的」という質問では、「健康増進(25.3%)」が最も高く、次いで「栄養バランス(22.1%)」「特定の栄養素摂取(7.9%)」。

<アピタル:これって効きますか?・健康食品、どう向き合う?>

http://www.asahi.com/apital/healthguide/kiku(アピタル・大野智)(アピタル・大野智)

アピタル・大野智

アピタル・大野智(おおの・さとし) 大阪大学大学院准教授

大阪大学大学院医学系研究科統合医療学寄附講座准教授。1971年浜松市生まれ。98年島根医科大学(現・島根大学医学部)卒。同大学第二外科(消化器外科)入局。現在は緩和ケアチームで癌患者の診療に従事。補完代替医療や健康食品に詳しく、厚生労働省「『統合医療』情報発信サイト」の作成に取り組むほか、内閣府消費者委員会専門委員(特定保健用食品の審査)も務める。