[PR]

【まとめて読む】患者を生きる・スポーツ「アスリートの出産」

 2011年の世界陸上選手権に出場した女子マラソンの佐野(旧姓中里)麗美選手(29)は10代で、月経が全く来なくなりました。25歳で食事の改善と治療を始め、今年、第1子を授かりました。国内では、出産後に復帰する女性アスリートはまだ少ないです。佐野さんは、息子に「自分らしい走りを見せたい」と復帰を目指しています。

5年間、月経が来なかった

 2011年の世界陸上選手権に出場した女子マラソンの佐野(さの)(旧姓中里〈なかざと〉)麗美(れみ)選手(29)は今年1月、長男を出産した。結婚や妊娠を機に引退する選手が多い中、競技への復帰を目指している。

 

 群馬県太田市で生まれ育った。小学校に入学する頃、2歳年上の兄を追いかけるように地元のランニングチームに入った。

 平日の夜に練習を重ね、週末は関東近郊の大会に出場した。学校内の大会ではいつも1位。だが、他の地域の子たちと競う大会では勝てなかった。悔しかった。

 厳しい練習にも決して音を上げない姿に、コーチは「負けず嫌いで根性がある」と認めてくれた。

 小学6年生だった00年9月、シドニー五輪の女子マラソンで、高橋尚子(たかはしなおこ)選手(46)が両手を高く上げながら1位でゴールする様子をテレビで見ていた。当時、陸上女子で日本初の金メダルだった。

 高橋選手が笑顔で「すごく楽しい42キロでした」と話すのを見て、「私もマラソン選手になりたい」と佐野さんは思った。

 高校に入学すると、長距離にしぼって練習するようになった。「距離が長くなるほど強い」というのが周りの評価だった。

 まもなく、月経が来たり来なかったりするようになった。母喜美枝(きみえ)さん(57)と一緒に婦人科を受診した。無月経は、運動によって消費するエネルギーが食事で摂取するエネルギーを大きく上回ることで起きることがある。処方された薬を1回のんだが、激しい頭痛に襲われ、すぐにやめてしまった。

 高校卒業後、ダイハツ(本社・大阪府)の陸上競技部に入った。それまでは年に数回あった月経が全く来なくなった。月経が不規則だったり、全くなかったりする選手は周りに何人もいた。母は心配したが、佐野さんは「月経が来ないほうが便利」とむしろ喜んだ。

 ただ、無月経になると、卵巣から分泌されるエストロゲンという女性ホルモンが低下する。エストロゲンは骨の代謝にもかかわっている。骨粗鬆症(こつそしょうしょう)になるおそれがあることから、年1回骨密度の検査を受けるようになった。

 この後、5年間全く月経が来なかった。

 

逃した五輪代表、無月経の治療へ

 女子マラソンの佐野(旧姓中里)麗美選手(29)は高校を卒業した2007年春、ダイハツ陸上競技部に入るとすぐ、月経が全く来なくなった。だが、マラソン選手にとっては珍しくなかったので、気にもとめなかった。

 09年10月、英国で開かれた世界ハーフマラソン選手権に出場した。そこで、赤羽有紀子(あかばゆきこ)選手(38)に出会う。

 赤羽さんは06年、26歳で長女を出産。産後1カ月で練習を再開し、08年の北京五輪には陸上5千メートルと1万メートルに日本代表として出場していた。佐野さんは「お母さんになっても走っている赤羽さんはすごいな」と尊敬した。

 11年8月、韓国で開かれた世界陸上選手権に赤羽さんと一緒に出場したが、結果は10位。赤羽さんは日本勢最高の5位だった。「出産後の方がタイムが伸びた。子どもの存在が力になっている」と聞かされた。

 当時、周りでは結婚や妊娠、出…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら