[PR]

【まとめて読む】患者を生きる・スポーツ「鈴木明子と摂食障害」

 フィギュアスケーターの鈴木明子さん(33)は仙台で下宿中の大学1年生の時、体重を気にして食べるのが怖くなり、摂食障害になりました。一時は体重が32㌔まで減少しましたが、母や周囲のサポートで「どん底」から復活、2度の五輪出場を果たしました。

すずき・あきこ 1985年、愛知県豊橋市生まれ。6歳でフィギュアスケートを始め、15歳で全日本選手権4位。大学1年で摂食障害になったが、2004年に復帰。10年のバンクーバー五輪で8位入賞。全日本選手権は13年に初優勝、14年のソチ五輪も8位入賞。同年3月に引退後はプロスケーター・振付師として活躍。解説や講演活動にも取り組む。

親元離れ「スケート漬け」

 2連続ジャンプをきれいに着氷し、会場に流れる「オペラ座の怪人」に合わせて、終盤もリンク上を表情豊かに舞った。最後のポーズを決めると、握りしめた両こぶしを思わず振り下ろした。4分間、ミスはなかった。

 2013年12月23日、さいたま市で開かれたフィギュアスケート全日本選手権は、ソチ冬季五輪の最終選考会を兼ねていた。ショートプログラム2位からフリーに臨んだ鈴木明子(すずきあきこ)さん(33)は涙があふれた。「長かったけど、スケートをやってきてよかった」

 18歳で摂食障害になり、半年以上、リンクで滑ることができなかった。「どん底」から復活し、フリー1位となる高得点での逆転優勝。2大会連続となる五輪出場を手に入れた。演技を見つめた母ケイ子(こ)さん(68)も感慨に浸った。「神様は最後にご褒美をくれるんだな」

 スケートを始めたのは6歳の頃。色々な習い事をしていたが、「続けたい」と思えたのはスケートだった。小学校高学年から、愛知県豊橋市の自宅から名古屋市のリンクに練習に通った。かっぽう料理店を営む父の和則(かずのり)さん(71)とケイ子さんが忙しい時は、常連客が練習場まで迎えに来てくれることもあった。

 中学生になると、夏休みや冬休みに、長久保裕(ながくぼひろし)コーチ(71)の仙台市であった合宿に参加し、指導を受けた。ジャンプは苦手だったが、「踊る」のは好きだった。優れた表現力で頭角を現し、高校1、2年生の時、全日本選手権で連続4位入賞。将来を期待されるようになった。

 高校卒業後、東北福祉大(仙台市)に進み、長久保コーチの元でスケートに取り組むと決めた。当時、同じ愛知出身で同世代の安藤美姫(あんどうみき)さん(30)や中野友加里(なかのゆかり)さん(32)が、国内外で活躍しつつあった。

 2003年3月、コーチの自宅での下宿生活が始まった。洗濯に掃除、自分で準備する食事。一つ一つ完璧に出来ないといらだってしまう。朝練習して、大学の講義が終わると、またリンクに立つ「スケート漬け」の生活もスタートした。

極端な食事、数カ月で16キロ減

 思春期の女性は成長で体形が変…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら