[PR]

 がんの治療を始めると、医療費の支払いという経済的負担とも向き合わねばならない。近年、登場している有効な治療薬には、高額で長期間続けざるを得ないものが多い。支援制度を知って活用すると負担は減らせるが、この先も続々と高い薬の開発は進む。

高額な新薬、治療と出費長期化

 和歌山市の病院職員丸畑雄司さん(50)は2016年5月、胃がんが見つかった。翌月、入院し、胃の上部を切除する手術を受けた。リンパ節への転移があるステージ3だった。

 10日間入院し、手術料や検査料など医療費の総額は約140万円。公的医療保険で自己負担分は3割。さらに年齢や年収に応じて計算式が決まっていて上限を超す分は戻ってくる高額療養費制度を利用し、実際の負担は約18万円だった。

 再発を防ぐため、手術後に飲み薬と点滴の抗がん剤治療も始めた。体重が一時14キロ減った。職場の理解もあって休業せずにすんだが月額3万~9万円程度の負担が約1年続いた。家のローンを払い、貯蓄の一部を切り崩す生活。「治療費の出費がだらだら続く負担がつらく、将来への不安も大きかった」と話す。

 近年、がん細胞をピンポイント…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら