[PR]

 夏になると、子どもの虫刺されが気になりますね。「市販の虫よけは使っていいですか?」と毎夏、聞かれます。

 2015年、千葉県で25年ぶりに日本脳炎患者が報告され、「子どもの虫よけはどうしたらいい?」、「ワクチンは?」と話題になりました。ジカ熱やデング熱も、蚊が媒介する病気(蚊が運ぶ感染症、マラリア・ジカ熱・デング熱に注意 https://www.asahi.com/articles/ASKDG66W5KDGUBQU01W.html)。そういったことから、2016年に昆虫忌避剤のディートとイカリジンを高濃度で使った商品が、製造承認されました。

 ディート(DEET、N-diethyl-m-toluamideなどと表示されていることもあります)は、国内で30%濃度のものまでありますが、どの濃度でも年齢制限があり、特に生後6カ月未満の子には使えません(国立感染症研究所 蚊媒介感染症の診療ガイドライン https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10900000-Kenkoukyoku/0000146483.pdf別ウインドウで開きます )。6カ月から2歳未満は1日1回、2歳以上12歳未満は1日1〜3回です。また、ディートの持続時間は濃度によって違い、10%のものでは2時間ごと、24%のものでは5時間ごとに塗り直さないといけません。

 イカリジン(ピカリジン、KBR 3023、Bayrepel)には年齢制限はなく、5%の濃度のもので持続時間は6時間なので使いやすいですね。長時間にわたり蚊を遠ざける高い効果が証明されている忌避剤は、このディートとイカリジンの2種類です。

 「ハーブ系やアロマ系の虫よけはどうなんですか?」と聞かれることもあります。ユーカリ油(p-menthane 3,8-diol、PMD)は、低濃度のイカリジンと同じくらい効果があるという報告があります。でも、米疾病対策センター(CDC)は3歳までは使用しないようにと勧告しているので、小さい子にはダメですね。

 インターネットなどで子どもの虫よけについて調べると、「かんきつ系やハーブ系の匂いは虫が嫌がる」、「天然由来成分だから安心」などと書いてあるものがあります。虫よけの効果が確かめられているのは上で述べた成分で、それ以外のハーブ系やアロマ系の虫よけは、安定した確かな効果は期待できないでしょう。

 「天然由来成分」だから安心、「化学物質」はみんな危険というわけではもちろんありません。シロバナムシヨケギク(別名:除虫菊)から精製されるピレトリンは、蚊取り線香の有効成分です。それ以外にも虫の特徴に合わせていろいろなピレトリン類似物質、ピレスロイドが開発されています。ピレスロイドが有効成分の蚊取り線香や殺虫剤は、体につけるタイプではありませんが、虫よけや虫を殺すのに効果的です。

虫に刺された後は?

 子どもが、蚊に刺されてしまったら、まずは市販のかゆみ止めなどを塗ります。かゆみ止めパッチもいいですね。小さい子はかゆみ止めパッチを取ってしまい、口に入れることがあるので注意しましょう。ネットでは、蚊に刺されたりムカデにかまれたりしたら、温めるといいという話があります。虫に刺されたときにかゆみや腫れを起こすのは、ヒスタミンなどですが、50~100度くらいの温度では壊れません。むしろ、低温やけどが心配なので、温めるよりは冷やしましょう。

 子どもが蚊に刺されるとあまりかいていないにもかかわらず、ものすごく腫れることがあります。刺された痕が大きく真っ赤になり、水疱(すいほう)ができることもあるのがストロフルスです。蚊の唾液(だえき)に対する過剰反応なので、冷やしてあげたり、皮膚科や小児科で、炎症を抑えるステロイドの塗り薬をもらって塗ったりします。

 最近は蚊帳も様々なタイプのものが出ているので、工夫してこの季節を乗り切りたいですね。

<アピタル:小児科医ママの大丈夫!子育て>

http://www.asahi.com/apital/column/daijobu/(アピタル・森戸やすみ)

アピタル・森戸やすみ

アピタル・森戸やすみ(もりと・やすみ) 小児科医

小児科専門医。1971年東京生まれ。1996年私立大学医学部卒。NICU勤務などを経て、現在はさくらが丘小児科クリニックに勤務。2人の女の子の母。著書に『小児科医ママの「育児の不安」解決BOOK』(内外出版)、共著に『赤ちゃんのしぐさ』(洋泉社)などがある。医療と育児をつなぐ活動をしている。