[PR]

 大腸がんが進行すると便の中に目で見てわかるぐらいに出血しますが、微量だと便を見ただけではわかりません。試薬を使って便の中の微量の出血を調べるのが便潜血検査です。

 前回のテーマだった尿を利用する「神経芽細胞腫マススクリーニング」と違って、便潜血検査による大腸がん検診は有効です。つまり、大腸がんによる死亡を減らします。日本でも、国際的にも、推奨されています。「科学的根拠に基づくがん検診」のページによると、40歳以上男女に対する便潜血検査の推奨グレードは最上位の「A」です。

 日本では大腸がん検診以外に、胃がん検診、肺がん検診、子宮頸がん検診、乳がん検診も推奨されていますが、そのいずれも推奨グレードは次段階の「B」です。推奨グレード「A」のがん検診は、便潜血検査による大腸がん検診のみです。

 40歳以上の読者のみなさんが、もし便潜血検査を受けていないのであれば、ぜひとも年に1回は検査を受けてください。便の検体を採取・提出するだけで、痛かったり苦しかったりはしません。注意点として、大腸がんでなくても便潜血が陽性になることはよくあります。便潜血が陽性だったとしてもあまり心配しすぎず、精密検査を受けてください。

 また、大腸がんだからといって必ず便潜血が陽性になるとは限りません。「急に便秘がちになった」「下痢と便秘を繰り返す」「便が細くなった」「便に血が混じる」といった症状があったら、検診の結果に関わらず、医療機関に相談してください。便潜血検査は有用ですが、100%正確なわけではありません。

 便潜血検査による大腸がん検診は有効ですが、その目的を忘れると無駄な検査をすることになります。こんな話があります。「寝たきりの高齢者の便潜血検査をして陽性だったが、どうやって検査を受けさせましょうか」という相談があったそうです。便潜血が陽性の場合、通常、精密検査として大腸内視鏡検査をします。

 腸の中に便が残っていると検査できません。前日の夜から下剤を服用し、検査当日は腸をきれいするため、腸管洗浄液を2リットルぐらい飲みます。よって、何度もトイレに行くことになります。健康な人にとってもけっこうな負担になりますが、寝たきりの人ならなおさらです。検査に伴う合併症のリスクも、寝たきりの患者さんでは高くなります。

 仮に頑張って大腸内視鏡検査をして、早期大腸がんが発見されたとしましょう。寝たきりの患者さんに手術をしますか? 今現在つらい症状があるとか、すぐにでも命の危険があるとかならともかく、無症状の早期がんです。全身麻酔や術後の合併症のリスクを考えると手術をしないことになりそうです。

 がんが見つかっても手術しないのなら、あえてつらい大腸内視鏡検査をする意義は乏しいです。となると、そもそも便潜血検査の意義も乏しかったわけです。「便潜血陽性ですが精密検査はできません」と言われて患者さん本人やご家族を不安にさせるぐらいなら、はじめから便潜血検査をすべきではなかったのです。

 便の検体を提出するだけという簡便さから、つい検査をしたくなります。しかし、「大腸がん検診の目的は、大腸がんによる死亡を減らすこと」だとわかっていれば、寝たきりの人に安易に便潜血検査をすることはなかったでしょう。便潜血検査に限らず、検査の目的を考えて無駄な検査をしないようにしなくてはなりません。

 ※参考「がん検診ガイドライン 推奨のまとめ」(http://canscreen.ncc.go.jp/guideline/matome.html別ウインドウで開きます

《酒井健司さんの連載が本になりました》

これまでの連載から80回分を収録「医心電信―よりよい医師患者関係のために」(医学と看護社、2138円)。https://goo.gl/WkBx2i別ウインドウで開きます

<アピタル:内科医・酒井健司の医心電信・その他>

http://www.asahi.com/apital/healthguide/sakai/(アピタル・酒井健司)

アピタル・酒井健司

アピタル・酒井健司(さかい・けんじ) 内科医

1971年、福岡県生まれ。1996年九州大学医学部卒。九州大学第一内科入局。福岡市内の一般病院に内科医として勤務。趣味は読書と釣り。医療は奥が深いです。教科書や医学雑誌には、ちょっとした患者さんの疑問や不満などは書いていません。どうか教えてください。みなさんと一緒に考えるのが、このコラムの狙いです。

こんなニュースも