[PR]

 循環器内科はもっとも外科っぽい内科だと私は思います。循環器内科医が診る病気の一つが、冠動脈が詰まって心筋が死んでいく心筋梗塞(こうそく)という病気です。治療は、一刻も早く血流を再開させ心臓の筋肉に酸素を送ることです。診断は問診、心電図、血液検査なので一般内科医でもできますが、治療となると循環器内科医にお願いするしかありません。

 現在の心筋梗塞の治療の主流はPCI(経皮的冠動脈形成術)です。「経皮的」とは腕や足の付け根の動脈を「皮膚を経由して」穿刺することを意味します。穿刺した血管を通じて細い管(カテーテル)を心臓の近くまで入れる心臓カテーテル法は、略して「心カテ」と呼ぶこともあります。

 カテーテルの先を冠動脈の根本に置き、X線で見ながら造影剤を注入すると、どの動脈がどれぐらい詰まっているかがわかります。場所がわかれば、詰まっている部分をバルーン(風船)で広げたり、ステントという血管を広げる網目状の筒を挿入したりします。薬を使うのではなく物理的に血流を再開させる処置をするところが外科っぽいです。PCI以前は、全身麻酔をかけ開胸して、詰まった冠動脈をバイパスするように血管をつなぐ外科治療が主流でした(今でも症例によっては行われます)。一方でPCIは局所麻酔で済み、胸を大きく切り開くこともない、侵襲性の小さい治療です。医学の進歩は素晴らしいです。

 心筋梗塞の治療は時間との勝負です。心筋梗塞の患者がいらっしゃれば、夜中であろうと休日であろうと、循環器内科医は患者さんを助けるために緊急の心カテをします。よほど大きな病院であれば交代で当直するでしょうが、そうでない病院では「オンコール」といって電話で呼ばれます。

 以前に勤務していた病院では、循環器内科医は通常の宿直とは別にオンコール当番がありました。これはけっこうたいへんです。お風呂に入っていても食事をしていてもテレビを見ていてもベッドに入っていても、いつ電話がかかってくるかわからないのです。結果的に電話がかかってこなかったとしても精神的に疲れます。

 患者さんを24時間365日受け入れる循環器内科の先生方、そしてカテ室の看護師さんたちの不断の努力や苦労に対し、尊敬の念に堪えません。日本の急性心筋梗塞の年齢調整死亡率は減少傾向にあります。高血圧などのリスク要因が治療されるようになったことなどの複数の要因が関与しているでしょうが、速やかにPCIが行われる体制が整ったおかげであると考えます。一般内科医としては、少しでも心筋梗塞の患者さんが減るように、高血圧や脂質異常症や糖尿病をしっかりと診ていきたいと思います。

 ※参考:久松隆史・三浦克之、わが国における心疾患の死亡率・罹患(りかん)率の動向、日循予防誌 第53巻 第1号(http://www.jacd.info/library/jjcdp/review/53-1_01_hisamatsu.pdf別ウインドウで開きます

《酒井健司さんの連載が本になりました》

これまでの連載から80回分を収録「医心電信―よりよい医師患者関係のために」(医学と看護社、2138円)。https://goo.gl/WkBx2i別ウインドウで開きます

<アピタル:内科医・酒井健司の医心電信・その他>

http://www.asahi.com/apital/healthguide/sakai/

(アピタル・酒井健司)

アピタル・酒井健司

アピタル・酒井健司(さかい・けんじ) 内科医

1971年、福岡県生まれ。1996年九州大学医学部卒。九州大学第一内科入局。福岡市内の一般病院に内科医として勤務。趣味は読書と釣り。医療は奥が深いです。教科書や医学雑誌には、ちょっとした患者さんの疑問や不満などは書いていません。どうか教えてください。みなさんと一緒に考えるのが、このコラムの狙いです。

こんなニュースも