[PR]

 「いまどき、胃カメラで検査している病院は存在しない」と言ったら、みなさま驚かれることと思います。「いやいや、つい最近、胃カメラを飲んできたよ」という方もいらっしゃるでしょう。のどの奥にちょっと苦い味のする麻酔スプレーを吹きかけられ、口から黒くて長い筒を入れられてオエッとなりながら食道や胃や十二指腸を観察するあれです。

 この検査は俗に「胃カメラ」と呼ばれていますが、正確には胃カメラではなく「上部消化管内視鏡検査」と言います。よく考えると今の内視鏡検査は、レンズがあるところまではカメラと同じですが、フィルムがありません。胃の中の様子はフィルムに撮影されるのではなく、長い筒の部分を通ってモニター画面にリアルタイムで映し出されます。

 以前は本当の胃カメラがありました。つまり、細いチューブの先にカメラがついている検査機器です。レンズ、フィルム、ライトがチューブの先にあり、患者さんの胃の中に挿入し、手元で操作して撮影します。胃カメラは1950年に日本で発明されました。欧米と比較して日本には胃がんが多く、胃の粘膜を観察することで胃がんに苦しむ患者さんを救いたいという熱意ゆえだろうと思います。NHKのテレビ番組『プロジェクトX~挑戦者たち~』でも取り上げられました。

 1964年時点の論文を読んでみたところ、「胃粘膜の写真を撮影するための多くの試みがなされてきたが、これまで唯一日本の胃カメラ(オリンパス)のみが実用的な有用性を示した」とあります。フィルムはカラーで32枚撮りで、手元のノブを操作して巻き上げます。ファインダーに相当するものはなく、リアルタイムで画像を見ることはできません。胃のどの部分を撮影しているのかフィルムを現像するまでわからないのかと思いきや、検査をする部屋を暗くしてライトを光らせると、腹壁を通してカメラの位置がわかったのだそうです。

 しかし、胃カメラは次第にファイバースコープによる内視鏡にとって代わられました。当初のファイバースコープは検査者がレンズをのぞいて観察する望遠鏡や顕微鏡に近いものでしたが、私が臨床医になった1995年ごろにはモニターで見るタイプの機器になっていました。モニターを見ながら同時に複数の医療者が観察できますので、検査の精度が上がり、教育の効率も良くなりました。

 現在の上部消化管内視鏡は、必要に応じて検査のための組織を採取したり、胃潰瘍(かいよう)からの出血を止めたり、早期胃がんをおなかを切ることなく切除したりできます。口からではなく鼻から挿入する細いタイプもあります。

 それでも「胃カメラ」という呼び方は残っています。上部消化管内視鏡に限らず、さまざまな臓器に対する内視鏡に胃カメラの技術が応用されています。患者さんを救うために困難を乗り越え、技術を発展させてきた医師や技術者の方々に敬意を表します。

 ※参考:HARA Y et al., CLINICAL EXPERIENCE WITH THE GASTROCAMERA., Ann Surg. 1964 Apr;159:542-7.

《酒井健司さんの連載が本になりました》

これまでの連載から80回分を収録「医心電信―よりよい医師患者関係のために」(医学と看護社、2138円)。https://goo.gl/WkBx2i別ウインドウで開きます

<アピタル:内科医・酒井健司の医心電信・その他>

http://www.asahi.com/apital/healthguide/sakai/(アピタル・酒井健司)

アピタル・酒井健司

アピタル・酒井健司(さかい・けんじ) 内科医

1971年、福岡県生まれ。1996年九州大学医学部卒。九州大学第一内科入局。福岡市内の一般病院に内科医として勤務。趣味は読書と釣り。医療は奥が深いです。教科書や医学雑誌には、ちょっとした患者さんの疑問や不満などは書いていません。どうか教えてください。みなさんと一緒に考えるのが、このコラムの狙いです。