[PR]

 パラスポーツの選手が全国の小学校を訪れて競技の魅力を伝える体験授業「チャレンジド・ビジット」(朝日新聞社主催、大和ハウス工業協力)が25日、神戸市東灘区の市立本山第二小学校であった。4年生約200人が、困難を乗り越えて挑戦することの大切さなどについて学んだ。

 授業では、ウィルチェアーラグビー(車いすラグビー)の選手5人がプレーを披露した後、児童たちは車いすに乗って、実際に選手のタックルを体験した。梅崎直輝君(10)は「タックルの衝撃は強かったけど、痛くなかった」と話した。

 講師を務めた峰島靖選手は、バイクの事故で手や足に障害が残った。体が思うように動かず最初はショックを受けたが、車いすだからこそできる経験が多くあったという。児童らに「やりたいことを見つけて、チャレンジしていってほしい」と呼びかけた。(鷲田智憲)

こんなニュースも