[PR]

 今年4月から始まった、妊娠している女性を診察したとき医療機関に入る妊婦加算制度に批判が相次いでいます。

 妊婦健診を除く全ての診療が対象で、どの科にかかっても初診で750円、再診で380円が加わります。本人の負担は、3割の場合は初診230円、再診110円。時間外や休日はさらに加算されます。妊婦さん本人の負担はそれほど多くはないかもしれません。しかし、「妊娠したらお金を多く取られる」、「国は少子化対策と逆行している」と捉えられかねない方法だったからでしょう。批判が多くなっています。

妊婦加算、なんのため?

 妊婦加算を設けた意図について、厚労省は、「妊婦さんへの丁寧な外来診療を高く評価することで、より安心して医療機関を受診できるように」と説明しています。

 そもそも、丁寧な診療とはどういうことなのでしょうか。妊娠中の女性は、胎児に影響がないように注意しながら検査方法や処方する薬を選ぶ必要があります。妊娠すると一切の薬を飲んではいけないと思う人がいますが、本当はそんなことはありません。妊娠週数や種類に応じた薬の影響をきちんと考慮して処方すれば、危険な薬というのは実はそれほど多くはないのです。

 妊娠している女性も病気をしたりケガをしたりすれば、どの科にもかかる可能性がありますから、産婦人科だけでなくすべての医療関係者がそういうことを知っていてほしいと思います。

妊婦さんの診療は手間?

 「丁寧な診療」に対して導入された妊婦加算ですが、コンタクトレンズの処方のために眼科にかかり加算されるケースもあり、話題になりました。批判が集まり、厚労省はこうした加算は不適切だとして、対象となる診療内容が明確になるよう見直す方針です。

 一方で、妊娠中の女性が風邪などで産婦人科以外の科を受診した際に、きちんと診てもらえなかったという話も聞きます。

 私は小児科医として診療所で勤務していますが、明らかにお母さん自身も調子が悪いのにお子さんを診察に連れて来て、「私は他院で妊婦に薬を出せないと言われました」という話をされる方がいます。そんな時は、おなかの赤ちゃんに影響がないかを調べながら、できる範囲でお母さんを診療しますし、専門的なことだと他院の先生に紹介します。

 そういったことをせず、手間だからとか、適切な薬や診療方法を調べる時間がないからといった医師の都合で妊婦さんを診ないということが、残念ながらあります。胎児になにかあった場合に、訴訟を起こされると困るからという理屈だと思います。しかし、医師の間違ったリスク回避のために妊婦さんに薬を出さないのは、むしろ処方すべき薬を処方しないというペナルティーの対象にすべきではないでしょうか。実際の保険診療では、今のところ難しそうですが。

 妊婦加算は、今まで妊娠している女性に対して「丁寧な診療」をしてきた医療機関が多少報われることになるのですが、それでも少額なので、「よそに行って」と診療を拒否する医療機関は減らないのではないかと危惧します。

子どもの診療にも加算制度

 一般的に、あまり知らないことだと思いますが、子どもにも乳幼児加算というものがあります。子どもは、大人を小型にしただけではなく、体の作りも機能も成長発達の途上です。検査の方法も、診断方法も違うし、なりやすい病気も違う、処方できる薬の種類も量も違います。そのため、6歳未満の子どもを診療したときには、医療機関に入る診療報酬が多く設定されています。

 それなのに、小児科ではない医師が子どもに出してはいけない薬や薦められない薬を処方することが時々見受けられます。医師・薬剤師は子どもの処方には気をつけなくてはいけません。

 実際には、多くの市区町村で、乳幼児医療証を発行しているため、健康保険でカバーされない自己負担分は、市区町村が負担しています。窓口の支払いがゼロ円でも、医療費はかかっています。

 子どもがいたり妊婦さんがいたりするのは、経済活動の多い世帯です。いろいろなことで出費もかさむでしょう。妊婦健診は自費ですが、多くの市区町村で助成制度があります。妊婦加算も、国が必要と考えるならば市区町村の負担にしてくれたらいいのにと個人的には考えます。

 自治体が持つことにすると負担が多くなることは理解できます。しかし、地域の活性化に少子化対策は欠かせないものでしょう。子どもを産み育てようと思う人の負担が少しでも軽くなることを願います。

<アピタル:小児科医ママの大丈夫!子育て>

http://www.asahi.com/apital/column/daijobu/(アピタル・森戸やすみ)

アピタル・森戸やすみ

アピタル・森戸やすみ(もりと・やすみ) 小児科医

小児科専門医。1971年東京生まれ。1996年私立大学医学部卒。NICU勤務などを経て、現在はさくらが丘小児科クリニックに勤務。2人の女の子の母。著書に『小児科医ママの「育児の不安」解決BOOK』(内外出版)、共著に『赤ちゃんのしぐさ』(洋泉社)などがある。医療と育児をつなぐ活動をしている。