[PR]

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が1日午前9時から、新年のあいさつを発表し、米国と対話を続ける意思を強調する一方、「米国が約束を守らず、一方的に強要し、制裁や圧迫に出れば、新しい道を模索せざるを得ない」と述べた。朝鮮中央テレビが放映した。

 昨年6月の開催に続く、2回目の米朝首脳会談については「いつでも(トランプ)米大統領と会う準備ができている」とした。「双方の努力で良い結果が生まれると信じる」とも語る一方で、軍事挑発の再開を示唆する「新しい道」という言葉も使った。

 核開発について「核兵器を新たに製造、実験、使用、拡散しない措置を取った」と述べたが、核廃棄の道筋を含む、新たな具体的な提案には触れなかった。

 米韓合同軍事演習や米戦略兵器の朝鮮半島派遣を行わないよう、引き続き求めていく考えも示した。

 米朝協議は昨年10月にポンペオ米国務長官の訪朝後、事実上の中断状態にある。北朝鮮は、米国が制裁緩和や朝鮮戦争を巡る終戦宣言を含む一切の譲歩を拒んでいると主張し、対話を拒んでいた。

 正恩氏は昨年、3度の首脳会談を行った南北関係について「前例のないことで、完全に新しい段階に入った」とした。中断している開城工業団地事業と金剛山観光を前提条件なしに再開する考えを表明。昨年9月の南北軍事分野合意について「事実上の不可侵宣言だ」と意義づけ、軍事的な緊張緩和を進める考えを示した。

「国際社会と周辺国が平和を破壊する行為に反対する」「友好的な全ての国家との関係を発展させていく」と語ったが、日朝関係には触れなかった。(ソウル=牧野愛博)

こんなニュースも