[PR]

 貧血による症状は多様です。典型的には倦怠感、つまり「体がだるい」と感じることですが、重症になれば動悸や息切れが生じます。しかし貧血の程度(血液中のヘモグロビン濃度)と症状の重さが必ずしも一致しないこともあります。むしろ慢性の貧血の場合は倦怠感などの症状に乏しいと言われています。貧血の状態に体が慣れてしまうからでしょう。

 興味深いことに、貧血がなくても鉄不足による倦怠感が生じることがあります。2012年に発表されたフランスの研究を紹介します。貧血はないが血清フェリチンの値が低く(=鉄不足)、かなりの倦怠感を感じている18歳から53歳の女性198人をランダムに、鉄の経口投与群(102人)とプラセボ群(96人)に分け、12週間後に質問票によって倦怠感を測定したところ、鉄投与群では47.7%、プラセボ群では28.8%改善しました。統計学的に有意差があります。

 通常の臨床において、倦怠感の訴えがあれば貧血の有無はチェックされます。しかし、貧血が確認できなければ必ずしも鉄不足の有無まではチェックされません。貧血以外にも倦怠感を来たす疾患は山ほどあります。肝疾患、心疾患、甲状腺機能低下症、うつ病などの精神疾患などです。しかし、この研究を踏まえれば、貧血がなくても鉄が不足気味であれば鉄剤を補給してみることも治療の選択肢の一つとして考慮してもいいでしょう。

 貧血のない倦怠感に対する鉄剤投与はまだ標準医療ではありません。一つや二つの研究だけでは確かなことは言えません。一方で、鉄剤はきわめて安価で、経口投与なら安全性についてもほぼわかっています。試してみる価値はあると思います。薬剤やサプリメントでなく、鉄を多く含む食品を積極的にとってみるのもよいでしょう。

 なぜ貧血がないのに鉄の補給が効果があるのでしょうか。一つは、貧血以外にも鉄が生理機能に関与している可能性があります。論文では、神経伝達物質の代謝に鉄依存性酵素が関係していることが述べられていました。あるいは、研究の対象者は本当に「貧血がない」と言えるのかどうかを、改めて考える必要もあります。

 貧血の定義は、ヘモグロビン濃度が男性では13g/dL未満、女性では12g/dL未満とされています。しかし、なぜ男性と女性で基準が異なるのでしょうか。女性、とくに閉経前の女性は月経によって鉄を失い、ヘモグロビン濃度が低めになりやすいからだと思われますが、もしかしたら、「正常」とされている女性でも、軽度ではあるものの鉄欠乏性貧血の状態の人が混じっているのかもしれません。

 ※参考:Vaucher P et al., Effect of iron supplementation on fatigue in nonanemic menstruating women with low ferritin: a randomized controlled trial., CMAJ. 2012 Aug 7;184(11):1247-54.(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22777991別ウインドウで開きます

《酒井健司さんの連載が本になりました》

これまでの連載から80回分を収録「医心電信―よりよい医師患者関係のために」(医学と看護社、2138円)。https://goo.gl/WkBx2i別ウインドウで開きます

<アピタル:内科医・酒井健司の医心電信・その他>

http://www.asahi.com/apital/healthguide/sakai/

(アピタル・酒井健司)

アピタル・酒井健司

アピタル・酒井健司(さかい・けんじ) 内科医

1971年、福岡県生まれ。1996年九州大学医学部卒。九州大学第一内科入局。福岡市内の一般病院に内科医として勤務。趣味は読書と釣り。医療は奥が深いです。教科書や医学雑誌には、ちょっとした患者さんの疑問や不満などは書いていません。どうか教えてください。みなさんと一緒に考えるのが、このコラムの狙いです。

こんなニュースも