[PR]

 先日、私のクリニックに男の子を連れたお母さんが来ました。ある病気を心配して、受診したといいます。

 「子どもの症状をネットで調べたら、ほとんどが心配ないと書いてありますが、深刻な病気が隠れている場合があるというものがあって、不安で受診しました」。お子さんに気になることがあった際に、インターネットで情報収集し、同じような気持ちになったことのある人は多いのではないでしょうか。

 今回のお子さんは幸い深刻な病気ではありませんでした。受診につながったという意味では良かったですが、ネットの情報が過度に本人とご家族を不安にさせました。逆に、本来なら病院を受診したり専門家に確かめたりするべきものなのに、間違った情報を得たばかりに不利益が生じることもあります。

 今は自分でスマホを使い、手軽に検索することができますが、正しい順に情報が出てくるわけではないのです。個人の意見であればもちろん注意しなければなりませんし、発信者が医師であっても、正す人がいなければ間違っていることがあります。

 ネット上にあふれる子育てや医療の情報を正しく選択するには、個人的なホームページよりは公的な医療機関が書いているものの方がより正確でしょうし、ネットの記事でも第三者が編集しているものの方が客観性がありわかりやすいでしょう。同じ病気について調べるときは、いくつかのサイトを比べてみることも大切です。

「経皮毒」「薬は怖い」…本当なの?

 ネットでよく見かける誤った育児情報には、独特の世界観があります。人工的なものはすべて悪く、自然なものがなんとなく素晴らしいとされています。でも、現代社会で人工的なものをすべて除いたら、日常生活に支障が出ますし、本来予防できる病気や感染症で命を落とすこともあるかもしれません。

 たとえば、皮膚を通じて体内に毒がたまるという「経皮毒」という言葉を見かけることがありますが、医学用語ではありません。ある薬学博士が提唱した考えで、紙おむつの合成界面活性剤が経皮毒となりかぶれを起こすというように使われていましたが、そんなことはありません。

 おむつかぶれは、排泄物によってふやけた肌に、うんちに含まれる酵素や細菌、おしっこに含まれる尿素やアンモニアによる刺激が原因となって起こるのであって、合成界面活性剤は関係ありません。むしろ、布おむつの方が蒸れるので、実際におむつかぶれのひどい患者さんには紙おむつにしてもらいます。「紙おむつや紙ナプキンを皮膚や粘膜にあてると、悪いものを吸収してしまう」、「子宮に悪いものがたまって冷える」というのもデマです。

 また、「薬は毒だから飲ませたくない」、「薬を飲ませると免疫力が下がる」、「薬を飲んだらデトックスが必要」というなんとなく良さそうな言葉を目にしたり耳にしたりして、薬に抵抗感を感じるという人もいます。 

 薬は飲まないに越したことはありませんが、飲まないと子どもにとってよくない場合があります。子どもがよくかかる溶連菌感染症は、放っておくと免疫反応によってリウマチ熱、血管性紫斑病、急性腎炎などを引き起こすことがあり、適切な抗菌薬の内服が必要です。乳幼児に多い、血管が炎症を起こす川崎病も、薬を使わなければ、冠動脈という心臓に栄養を与える大事な血管に動脈瘤を作ってしまうリスクが高くなります。造影検査のための造影剤や麻酔薬なども、正しい知識を得たうえで、使うかどうかを選択しなくてはいけません。

子どもを守るために、正しい情報を

 こういったテーマについて、私も著者に加わった『各分野の専門家が伝える子どもを守るために知っておきたいこと』という本があります。以前に出版され、この春に新書版が出ました。13人の各分野の専門家が、世間で言われているいろいろなことを本当かどうか説明している本なので、ぜひ手にとって見てみてください。(http://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000321152別ウインドウで開きます

 例えば、「ワクチンは毒だと聞きました」、「食品添加物は危険なもの?」、「体罰って必要でしょうか?」といった章があります。一度は聞いたことがあるけれど、実際のところどうなのか、ちょっとわからないという方が多いのではないかと思います。私も上で述べた「紙オムツやナプキンは有害?」、「薬は飲ませないほうがいい?」などのテーマで書きました。

 この本の「はじめに」で産婦人科医の宋美玄先生が書いていますが、子育て中の人には親きょうだい、友人知人だけでなく、通行人までが気軽にアドバイスをします。ほとんどが自分の経験だったり、見聞きしたりしたものを言っているだけで、正確さに欠けることが多いし、真面目な人ほど言われると気にしてしまいます。 

 私が外来や保健所・保育園の健診で会う、ワクチンや医療に否定的な保護者たちは、確かに子どものためによく考えています。しかし、よく考えるために手にとった本、検索したサイトがダメだったら、それをもとにした選択も子どもにとってよくないことになるでしょう。

 『子どもを守るために知っておきたいこと』の発刊当時の2016年は、こういったネットのうわさを医者に相談すると、鼻で笑われたり、「ネットなんか見るな」と言われたりしていました。しかし、今ではネット検索は普通のことで、専門家も発信する必要が認識されている時代です。いかに正しい情報を得るかが、お子さんの健康を守るためにとても大切になっています。

<アピタル:小児科医ママの大丈夫!子育て>

http://www.asahi.com/apital/column/daijobu/

(アピタル・森戸やすみ)

アピタル・森戸やすみ

アピタル・森戸やすみ(もりと・やすみ) 小児科医

小児科専門医。1971年東京生まれ。1996年私立大学医学部卒。NICU勤務などを経て、現在はさくらが丘小児科クリニックに勤務。2人の女の子の母。著書に『小児科医ママの「育児の不安」解決BOOK』(内外出版)、共著に『赤ちゃんのしぐさ』(洋泉社)などがある。医療と育児をつなぐ活動をしている。