[PR]

 白血病の原因になるウイルスもあります。ヒトT細胞白血病ウイルス1型(HTVL―1)は、その名の通り、成人T細胞白血病の原因です。HTVL―1なしでは成人T細胞白血病は起きません。ピロリ菌感染がなくても胃がんを発症したり、肝炎ウイルス感染がなくても肝細胞がんを発症したりすることを考えると、白血病の場合、感染と発がんの関係は強いと言えます。

 成人T細胞白血病は日本の九州や沖縄に多く、日本ではじめて提唱された疾患です。私が研修した九州大学第一内科は、血液疾患を扱うこともあって、成人T細胞白血病の患者さんが集まっていました。白血病もさまざまな種類がありますが、その中でも成人T細胞白血病は治りにくい病気です。

 HTVL-1は白血球の一種であるTリンパ球に住みついています。「ヒトTリンパ向性ウイルス」という別名があるぐらいです。ウイルスは自分の遺伝情報をリンパ球のDNAに組み込んでおり、だからこそ白血病の原因になります。

 ピロリ菌やC型肝炎ウイルスと違って、いったんHTVL―1に感染してしまうと、ウイルスを排除する治療法は残念ながらありません。ただ、ウイルスに感染してもすべての人が白血病になるわけではなく、HTVL―1に感染している人が一生のうちに白血病を発症する確率は約5%です。白血病以外にもHTLV―1関連脊髄(せきずい)症という神経の病気などを起こすことはありますが、いずれにせよまれであって、ウイルスに感染していても大半は一生涯無症状のままと言えるでしょう。

 とは言え、感染しないに越したことはありません。HTVL―1の感染経路は、性行為、輸血などによる医療行為、母親から子どもへの母子感染です。感染力はあまり強くなく、感染してから白血病の発症まで数十年という時間がかかるため、性行為による感染はそれほど重要視されていません。また、献血された血液を検査するようになった現在では輸血による感染はほとんどなくなりました。よって、主に問題になるのは母子感染です。

 妊婦健診でHTLV―1抗体の検査を無料(公費負担)で受けることができます。母親から子どもへの感染は主に母乳に含まれるリンパ球を介して起こります。妊婦健診でHTLV―1に感染していることがわかれば、人工乳のみにするか、母乳をいったん凍らせてから解凍して与えるようにします。凍らせることでウイルスに感染したリンパ球が死滅するからです。対策なしだと母乳を介した感染の確率は約20%ですが、こうした対策を行うことで約3%に低下します。

 麻疹や天然痘のように有効なワクチンがないため、1世代で撲滅するというわけにはいきません。ですが、感染の経路は限られていますから、適切な対策を粘り強く続ければ感染は減っていき、いつかはHTLV―1を撲滅することができるはずです。

《酒井健司さんの連載が本になりました》

これまでの連載から80回分を収録「医心電信―よりよい医師患者関係のために」(医学と看護社、2138円)。https://goo.gl/WkBx2i別ウインドウで開きます

<アピタル:内科医・酒井健司の医心電信・その他>

http://www.asahi.com/apital/healthguide/sakai/(アピタル・酒井健司)

アピタル・酒井健司

アピタル・酒井健司(さかい・けんじ) 内科医

1971年、福岡県生まれ。1996年九州大学医学部卒。九州大学第一内科入局。福岡市内の一般病院に内科医として勤務。趣味は読書と釣り。医療は奥が深いです。教科書や医学雑誌には、ちょっとした患者さんの疑問や不満などは書いていません。どうか教えてください。みなさんと一緒に考えるのが、このコラムの狙いです。