斎藤・橋本ペア優勝、上位3組が全国へ ソニー生命杯テニス/兵庫県

[PR]

 ソニー生命カップ第42回全国レディーステニス大会(日本テニス協会、朝日新聞社主催、ソニー生命保険特別協賛)の県決勝大会は2020年10月22日に最終日を迎え、斎藤麻衣子さん(36)=豊岡市=と橋本真季さん(33)=神戸市兵庫区=が優勝した。2人を含む上位3ペアが全国大会、4〜8位ペアが関西大会への出場を決めた。

 斎藤さんは2019年のこの大会で優勝し、橋本さんは3位だった。2019年末、斎藤さんが「一緒に大会に出よう」と声をかけてペアを組んだ。コロナ禍もあって一緒に練習したのは2度だったが、大会で1セットも落とさなかった。

 全国大会に向けて斎藤さんは「緊張するでしょうが一つでも多く勝ちたいです」、橋本さんは「力を合わせ、悔いの無いプレーを目指します」。県代表監督の早野知実さん(57)は「個性のあるペアがそろいました。面白い戦いをしてくれそうです」と話した。

 全国大会は2021年3月、東京都昭島市の昭和の森テニスセンターで開催予定。関西大会は2020年12月、加西市の青野運動公苑で開かれる。両大会に出場予定の他のペアは次の皆さん。

 【全国大会出場ペア】斎藤多真紀・矢木菜都子▽脇本郁子・畑中美里

 【関西大会出場ペア】久保春美・桜井美紀▽池垣百合・柳沢由紀▽長安幹子・古出直子▽大成由香・山崎美紀▽山本美奈子・安達裕子