全国大会出場、3ペア決まる レディーステニス県大会/神奈川県

[PR]

 ソニー生命カップ第42回全国レディーステニス大会県大会(日本テニス協会、朝日新聞社主催)が2020年10月13〜15日、藤沢市の荏原湘南スポーツセンターであり、藤田優里恵・大屋江里子組(VIPTOP・ジュンレオ)が平沼秋・東條宏枝組(YSC・ジュンレオ)を破って優勝した。3位は中田千織・斎藤智美組(湘南ファミリー・個人)だった。上位3組は2021年3月に東京都昭島市である全国大会で団体トーナメントを戦う。

 優勝した藤田さんは2019年、別のペアで県大会を制した。全国大会では上位進出ならず、全国大会経験者で出産を経て7年ぶりに復帰した大屋さんを誘ってペアを組んだ。「強気で打ち抜く自分たちの戦い方を貫きたい」と藤田さん。大屋さんは「ネットについたときに一歩引かないようにする」と課題を挙げた。

 ベテラーノ(60歳以上)は古屋由美子・上村久子組(鎌倉宮カントリー・鎌倉シーサイド)が優勝した。

 ▽準決勝 平沼・東條2―1池谷・青山、藤田・大屋2―0中田・斎藤▽決勝 藤田・大屋2―0平沼・東條▽3位決定戦 中田・斎藤(棄権)池谷・青山