県勢4位 全国レディーステニス/埼玉県

[PR]

 東京都昭島市で開かれていたソニー生命カップ第42回全国レディーステニス決勝大会(日本テニス協会、朝日新聞社主催)は最終日の19日、県代表(山田理永・常磐千暁組、駒津芳枝・田嶋加奈子組、野口克江・松本絵美組)が4位となった。準決勝で東京都代表に0―3で、3位決定戦で愛知県代表に1―2で敗れた。

 県大会1位ペアの山田さん(49)は堅実な決定力、常磐さん(35)は強いストロークがそれぞれの持ち味。互いの強みを生かしたプレーで挑み、3位決定戦では愛知県1位ペアに勝利し、笑顔で大会を終えた。「(コロナ禍の)このような状況でもテニスができたことに感謝しています。全ての試合が楽しかった」と山田さん。三度目の出場となった常磐さんは「一つでもミスを減らし、弱気にならないよう心がけました。出場を重ねるごとに自分も成長できた気がします」と振り返った。(渡辺鮎美)

 ▽準決勝(対東京)

山田・常磐 0―2 石井・成田

駒津・田嶋 0―2 高木・高橋

野口・松本 0―2 小林・垂石

 ▽3位決定戦(対愛知)

山田・常磐 2―0 伊原・岸本

駒津・田嶋 0―2 渡辺・榎谷

野口・松本 0―2 長瀬・後藤