[PR]

 前回・前々回と「かぐや姫の物語」の高畑勲監督のキビシイお言葉に「ぐぬぬ」「ぎゃふん!」という目に遭ったので、今回は軽~く、公開間近の映画3本をご紹介します。宇宙と零戦と四十七士のお話です。

 13日公開の「ゼロ・グラビティ」(アルフォンソ・キュアロン監督)は文句なしの面白さ。地表から60万m上空の無重力空間に独り放り出された女性科学者が帰還を期す、手に汗握るサスペンスです。船外活動中に人工衛星の破片が大量のスペース・デブリ(宇宙ゴミ)となって猛スピードで飛来、ちぎれたシャトルのアームごと漆黒の宇宙空間へ放り出されるライアン(サンドラ・ブロック)。生き残ったのは彼女とベテラン宇宙飛行士マット(ジョージ・クルーニー)のみ。機体は大破、地球との交信は途絶、残りの酸素はわずか……。

 息をのむのは、闇の中で神々しく輝く青い地球の美しさ。それをバックに、シャトルなどの細密なメカ(CG+実写)、完璧な「無重力」の表現、移動したり回転したりする登場人物の主観ショットによる上下左右360度の大パノラマが加わって、まるで自分も宇宙にいるかのような気分を満喫できます。あるピンチを切り抜け安心したのもつかの間、更なる大ピンチが! という展開でたたみかけ、しかも奇跡や超人的能力などには頼らず知恵と工夫と勇気で切り抜けるところが実にリアル。登場人物2人だけ(ほとんどブロックの一人芝居)の91分の映画ですが、満足度は抜群です。

 「文句なし」と言いましたが、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも