[PR]

アニメーション映画監督

夢かなわない人の思い、代弁できない

 ――東京大学に在籍中の1955年、フランスのアニメーション映画「やぶにらみの暴君」(後に再編集され「王と鳥」に改題)を見て、衝撃を受けたそうですね

 アニメは大人になったら卒業するものと思っていたが、「やぶにらみの暴君」は洗練された表現や隠喩にあふれた傑作でした。何度も映画館に通い、暗がりでメモを取り、劇中歌を楽譜にしました。

 ――それで仏文科を卒業後、東…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも