さっき銀座の本屋に寄ったんですがね、落語の本がなかなかたくさん置いてありまして、棚の上から下までこう、ズラーッと。見てみると志ん生師匠と米朝師匠の本がおんなしくらい並んでまして、談志師匠の本となるとその倍くらいあるってのに、円生師匠の本は1冊っきり。さびしいもんです。円生師匠が大好きなあたくしゃあ実にくやしい。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます