大きくひとつ深呼吸をしてパラリンピック日本代表の森井大輝(33)はチェアスキーで雪原の斜面に飛び出していく。ターンのたびに雪のしぶきがあがり、大きな背中があっという間に小さくなっていった。「車イスだとなかなか『風を切る』ことはできないから、そこがだいご味かな」…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます