色違いの稲で水田に絵を描く青森県田舎館村の「田んぼアート」が見ごろを迎えた。村おこしで1993年から開催し、22回目。今年のテーマは「富士山と羽衣伝説」。1・5ヘクタールの水田をキャンバスに、村や地元住民らが世界遺産の富士山と天女が舞う姿を青森県産米や古代米など計10品種7色で描いた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます