女はやがて元の通りに向き直った。眼を伏せて二足ばかり三四郎に近付いた時、突然首を少し後に引いて、まともに男を見た。二重瞼(ふたえまぶち)の切長(きれなが)の落付いた恰好(かっこう)である。目立って黒い眉毛の下に活(い)きている。同時に奇麗な歯があらわれた。この歯とこの顔色(かおいろ)とは三四郎に取って忘るべからざる対照であった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます