30日に兵庫県の明石トーカロ球場で行われた第59回全国高校軟式野球選手権大会(日本高校野球連盟主催、朝日新聞社、毎日新聞社など後援)第6日は、延長30回までに0―0のまま決着がつかず2日連続のサスペンデッド(一時停止)試合となった準決勝の中京(東海・岐阜)―崇徳(西中国・広島)が31回から再開され、45回まで0―0、3度目のサスペンデッドとなった。31日は午前9時、46回から再開。大会規定上、最長54回まで行い、勝敗が決まらないと抽選で決勝進出校を決める。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます