気象衛星「ひまわり8号」が10月に打ち上げられる。7号より格段に性能が向上し「次世代型」と呼ばれる衛星。観測の幅が広がり、大雨のもととなる積乱雲の発達を素早くとらえる。広島市で被害をもたらしたような集中豪雨は、どこまで予測できるようになるのか。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます