建設現場での人手が足りないところに、巨額の公共事業予算がつぎ込まれた影響が広がっている。東日本大震災の被災地では復興事業の遅れを招き、東京五輪に向けた事業にも遅れが出ている。民間の工事も増やせなくなり、景気対策としての意味合いも薄れている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます