三人は約三十分ばかり根気(こんき)に働いた。しまいにはさすがの与次郎もあまり焦(せ)っ付(つ)かなくなった。見ると書棚の方を向いて胡坐(あぐら)をかいて黙っている。美禰子は三四郎の肩をちょっと突っ付いた。三四郎は笑いながら、…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます