号鐘(ベル)が鳴って、講師は教室から出て行った。三四郎は印気(インキ)の着いた洋筆(ペン)を振って、帳面(ノート)を伏せようとした。すると隣りにいた与次郎が声を掛けた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます