56人が死亡した御嶽山(おんたけさん)(長野・岐阜県境、3067メートル)の噴火で、長野県の阿部守一知事は16日、安否不明者7人の今季の捜索を打ち切ると発表した。寒さや降雪など気象条件が悪化し、捜索隊が二次被害に遭うおそれがあるため。寒さが緩む来春以降の捜索再開を今後、検討する。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます