文化庁は28日、ユネスコ(国連教育科学文化機関)の無形文化遺産に推薦していた「和紙 日本の手漉(てすき)和紙技術」について、事前審査をしていた補助機関が「登録」を勧告したと発表した。同庁によると、登録の可否を審査する政府間委員会で登録勧告が覆った例はなく、「和紙」が登録される見通しとなった。政府や地元は、日本文化の海外への発信強化や地域の活性化、伝統技術の継承に弾みがつくと期待している。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます