立ち乗り型の2輪ロボット「セグウェイ」の技術を使って開発された車いす型の移動用ロボットの実証実験が7日、実験特区になっている茨城県つくば市で始まった。セグウェイジャパン(横浜市)によると、欧州では300万円以上で販売されている。日本国内でも段差を越える実験などで問題がないかを検証し、販売をめざすという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます