フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終第6戦NHK杯は28日、大阪・なみはやドームで開幕し、男子のショートプログラム(SP)では第2戦のスケートカナダを制した無良崇人(HIROTA)が自己最高となる86・28点を出しトップに立った。村上大介(陽進堂)も自己最高の79・68点で3位につけた。中国杯で負傷した羽生結弦(ANA)は78・01点で5位だった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます