危険ドラッグの規制を強化する改正医薬品医療機器法(旧薬事法)が17日、施行された。有害なら指定薬物でなくても検査・販売停止命令ができ、インターネット販売も全国一律で禁じられる。だが、摘発の網の目をくぐり抜けようと、業者が商品を直接届ける「デリバリー」など販売の「地下化」が進みつつある。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます