企業の合併や買収(M&A)を仲介するM&Aアドバイザリーの業界地図が様変わりしている。従来ゴールドマン・サックスや野村証券が覇を競ってきたが、リーマン危機後、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)傘下の三菱UFJモルガン・スタンレー証券が大型案件を次々射止め、2013年、14年と、2年連続…

無断転載・複製を禁じます