2004年アテネ五輪の体操男子団体決勝。「伸身の新月面が描く放物線は栄光への架け橋だ!」。NHKのアナウンサーの名実況とともに、エース冨田洋之(34)が鉄棒の着地をピタリと止め、日本が金メダルを決めた場面を記憶している人は多いだろう。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます