その大男はのっしのっしとこの地を歩き回り、一夜のうちに橋をかけ終えた。一仕事を済ませると、筑波山に腰をかけ、長いきせるを浅間山に差し出して火をつけ、うまそうに煙をくゆらせたという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます