日本と豪州の経済連携協定(EPA)が15日、発効した。農業大国と結んだ初のEPAで、国内農家に不安は残るが、豪州産の牛肉やワインなどが安くなり、消費者の利点は大きそうだ。政府は、さらに広い地域で貿易を自由化する環太平洋経済連携協定(TPP)交渉の合意を急いでいるが、かぎを握る日米交渉は難航している。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます