運転手の心拍から眠気が検知できるウェアラブル(身につけられる)センサーを、富士通が開発した。眠気を本人や運行管理者に伝えることで、居眠り運転を防ぐのに役立つという。1個3万8千円前後(税別)で、2月に発売する。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます