南相馬市教育委員会は、線刻で「船」を描いた古墳時代前期(4世紀)の土器が同市鹿島区八幡林で出土したことを明らかにした。同時代の線刻絵画土器の出土は西日本中心で、船の絵は東北で初めて。専門家は「船を描く線刻絵画の文化が当時の東北に伝わっていたことを実証する貴重な史料」という。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます